読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空気!!!

作文

「空気読めよ」とか、「あの人は空気が読めないからね〜」みたいなことを言う人がいます。反対に「空気なんて読まなくていいんだよ。むしろ私くらいになると、あえて空気とか読まないからね」だなんて言う人もいたりする。

今回はそんな「空気を読む(読まない)」といった表現への素朴な疑問を書いてみます。

続きを読む

「昔のほうが良かった」だなんて思う事、ありませんか?

作文

最近はどれもこれもがどこかで見たことのあるようなコピーや劣化版ばかりで、全然おもしろくないですよね。

昔は良くも悪くも世界をひっくり返すような出来事や発見がたくさんあったし、映画も音楽も美術も建築も昔はもっとオリジナリティがあったというかなんというか、まぁとにかく昔のほうが社会全体が生き生きしていて、とってもキラキラしていたような気がするんですよ。それに最近の若者も大人しい子ばっかりでぜーんぜん面白くない・・・だなんて爺臭いこと、思うことがないわけでもない今日このごろです。

まあ実際のところ「昔のほうが良かった〜」とか「最近の若者は〜」みたいな話をすると嫌われるんですが、こういう話ってよく聞くし、そう感じるのにもそれなりの理由があるんですよね。

ということで、今回はそんな「古き良き時代」への思いを拗らせている同士へ向けて、「愛」を込めて書いてみます。

続きを読む

その話が面白いかどうかを決めるのは、話者ではなく聴者だっていう話(プレゼンテーションとはなにか)

芸術とはなにか 作文

大学生や社会人なんかになると、自分の考えなり新しい企画なりをプレゼンテーションする機会って増えますよね。

でもプレゼンテーションってなんだか気恥ずかしいし、やり方もイマイチ分からない。なので個人的には「できれば避けて通りたい」だなんて常々思ってます。

ただどうせ何かを話すのであれば、「面白かった」とか「聞いてよかった」って思ってもらいたい。ということで、(実際に自分ができるかどうかは置いといて)人に面白いと思ってもらうために押さえておくべき本質のようなモノ(よく出回っているプレゼンのノウハウのようなモノではなく、そういったノウハウが前提としている本質的な部分)について書いてみたいと思います。

続きを読む